院長からのメッセージ

院内外の人たちと円滑な関係を
築いて信頼される病院にしたい。

理事長・病院長 増田 俊和

1979年埼玉医科大学卒業後、脳神経外科入局。1985年シカゴ大学脳神経外科へ留学。1987年には日本脳神経外科学会専門医となり、1989年武蔵野総合病院脳神経外科部長就任。1992年ヘリオス会病院副院長を経て2008年当院院長、2016年同理事長就任。現在に至る。

幅広い視野で医療に取り組むべきだ。

脳神経外科を専門としたのは、神経学の勉強に面白みを感じていたからでした。
神経系の疾患は、他の臓器の疾患のように症状から病巣を類推するのではなく、その原因が症状に直結していることが多く、私にとってはわかりやすいと感じられました。そんな中、大学で入局した頃に脳神経外科の教授から言われた「脳神経外科は、外科を通じて神経学的所見を学ぶところ」という言葉は、とても印象に残っています。専門の診療科目を持つことは良いことですが、そこだけに固執せず、幅広い視野を持って医療に取り組むべきである。私が当院の院長や理事長に就くことを決めた背景には、そんな原体験があるように感じています。




 

使命は病院経営と地域医療を守ること。

名誉院長の帯津先生と同じことは、私にはできません。もちろん、帯津先生が提唱するホリスティック医学には賛同していますし、学ぼうともしています。しかしながら、どんなに努力しようと私が帯津先生になることはできませんから、まずは院長・理事長としてすべきことを第一に取り組もうと考えています。具体的には、病院経営を守ることと、地域医療を守ること。これら二つの実現を目指しながら、私自身がホリスティック医学について学びつつ、これを体現できる医師や看護師、スタッフたちが当院の目指す医療を実現しやすい環境を整えていく。それが私の使命である、と考えながら院長・理事長職を務めています。



 

院内外でのコミュニケーションが重要。

今の医療制度は30年前のそれとはずいぶんと様変わりをしており、病院に求められる機能は細分化されています。当院のように100床未満の病院は、かつてのように基幹病院や大学病院と同じことをやっていてはダメで、地域医療のハブ機能を持つ病院になることが不可欠だと考えています。そこで求められるのは、院内や他の医療機関との間の密接なコミュニケーションはもちろんのこと、たとえば介護施設や地域包括センター、行政といった院外とのコミュニケーションを円滑に進められるスキルを持った人材だと思います。そういう意味では、当院のスタッフはみんな院内外でのコミュニケーションに対して高い意識を持ち、地域医療への貢献と向上に向けて取り組んでくれる人が揃っていると感じています。




 

地域から信頼される病院に育てたい。

医師にしても看護師にしても、病院で働いている人の多くは「専門職」にカテゴライズされる人たちだと思います。その「専門」のところで評価されることはもちろん良いことなのですが、当院でこれから必要になるのは、前述のように院外の方々との円滑なコミュニケーションができる人たちです。ケアマネジャーや地域包括支援センターの方々、往診されている医師や訪問看護ステーションの看護師など、当院に出入りする人たちは大勢います。そんな方々と協力しながら、地域医療の充実に向けて貢献していく。そんな意識を持った人たちとともに、当院を今以上に地域の方々から信頼される病院に育てていきたいと考えています。


 

交通アクセス

〒350-0021
埼玉県 川越市 大中居545番地

■JR埼京線 南古谷駅から徒歩で約13分

南古谷駅⇔当院の無料送迎車を用意しております。

お電話でのお問い合わせ

049-235-2189

採用担当